千葉県、37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分


兼業禁止の地方公務員法違反で「停職6カ月」を受けていた女性職員でしたが、依願退職をした。

12月27日、風俗店で働いていたとして、千葉県は、健康福祉部の女性職員(37)を地方公務員法(兼業禁止)違反で停職6カ月の懲戒処分にした。

女性は同日付で依願退職した。  県総務課によると、女性は病気休職中の9月下旬~12月上旬、東京都内のソープランドで働いていた。

11月に匿名の通報があり発覚。「家庭の事情で多額の資金が必要だった」と説明したという。

2016年12月28日







ニューヨークで格安に泊まるならゲストハウスに泊まろう

ボストン&ナイアガラの滝、格安!2日間バスツアー

ニューヨークへの留学ならadd7を通すと手続き簡単

NY観光パス券ならお得にアトラクションを回ろう




千葉県、37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分 千葉県、37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分 Reviewed by New York icon on 0:40 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.