女子テニス、クビトバ選手が自宅で襲われ利き手手術

11月撮影(2016年 ロイター/Vincent Kessler)

[20日 ロイター] - 女子テニスの世界ランク11位、ペトラ・クビトバ(チェコ)は20日、自宅でナイフを持った人物に襲われて利き手の左手を負傷し、約4時間にわたる手術を受けた。

地元メディアによると、クビトバはチェコ東部プロスチェヨフにある自宅でボイラー検査員を名乗る男の襲撃を受けた。

クビトバは自身のツイッターで「自分を守ろうとして左手に大きなけがを負った。深刻な負傷で専門家に見てもらう必要があるが、知っての通り、私は強いのでこのけがと戦っていく」と投稿した。

クビトバは左手の指5本の手術を受け、腱の回復のため3カ月間は負担をかけられないという。

K'z ゲストルーム



ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO







女子テニス、クビトバ選手が自宅で襲われ利き手手術 女子テニス、クビトバ選手が自宅で襲われ利き手手術 Reviewed by New York icon on 23:56 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.