米ヒューストン発ルフトハンザ機、爆弾の脅迫で航路変更


米ヒューストン発、独フランクフルト行きのルフトハンザ(LHAG.DE)441便が12日、爆弾の脅迫を受けてニューヨークへ航路を変更した。 当局者が明らかにした。

ニューヨークとニュージャージーを管轄する港湾当局の報道官によると、同機はジョン・F・ケネディ国際空港に無事着陸し、空港の周辺へ誘導された。

同空港の運航に影響は出ていない。 ルフトハンザの広報担当者が13日に明らかにしたところによれば、乗客全員が降機し、当局が機内を調査している。広報担当者は爆弾の脅迫があったどうか肯定も否定もせず、十分な情報を得ていないと述べるにとどめた。

[サンフランシスコ/フランクフルト 13日 ロイター]
http://jp.reuters.com/





ニューヨークのルームシェアー専門の会社、K'z


ニューヨークで賃貸アパート契約なら日系不動産のJ.One

語学とアートを楽しみながら学べる!素敵なNY留学生活

NYの日本語で対応のゲストハウスなら安心の旅

ニューヨーク味めぐり:NYは物価高でもB級もあり




米ヒューストン発ルフトハンザ機、爆弾の脅迫で航路変更 米ヒューストン発ルフトハンザ機、爆弾の脅迫で航路変更 Reviewed by New York icon on 10:18 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.