NY ミッドタウン高層ビル火災、原因はキャンドルの火


12月22日午後5時、マンハッタン59丁目に建つ高層ビルアパートの火災で、22人が負傷、2人が重体となっています。

ニューヨーク消防当局によりますと午後5時ごろに3階の部屋から出火。 この火災で、3階の出火元の部屋を全焼し、近隣の部屋へも火が燃え移ったが、全焼は免れ火を消し止めた。

火災の原因はキャンドルの火だった。と伝え、火災があったビルは33階建て、465世帯以上が住んでいる。 

出火元となった3階に住む女性(70)がキャンドルに火を灯していたのだが、キャンドルの火が女性の着ていた服に燃え移り、女性は服を脱いでそのまま部屋の外へと逃げた。 

女性が部屋から外へ出た時に窓が開いていて、入り口のドアも開いたままだったため、風が通り抜ける状態だった。 そのため、火は勢いよく部屋の中で燃え上がった。

ただ煙が勢いよく上に登ったため、高層階の住人の多くがこの火災で煙を吸ったため、病院へ運ばれました。 午後7時には完全に消火し、消火活動は終わりました。 

2016年12月23日(金)
 

K'z ゲストルーム



ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO







NY ミッドタウン高層ビル火災、原因はキャンドルの火 NY ミッドタウン高層ビル火災、原因はキャンドルの火 Reviewed by New York icon on 12:10 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.