韓国の空港で、ケージから飛び出した乗客の愛犬を射殺!

射殺された犬が入っていたケージと飼い主の女性

韓国の仁川空港からタイのバンコクへ向かう飛行機の貨物室に預けられたタイ人の愛犬がケージから抜け出して駐車場を走り回ったため、安全を重視した空港係員が、犬を射殺した。 

係員の判断では、もし犬が間違って滑走路に進入した場合、飛行機の離発着に支障を来す可能性が高い状況だった。と伝えている。 この騒ぎで空港内は一時、パニックに陥ったという。 

射殺された犬

逃げた犬を空港関係者は捕まえようとしたが犬は滑走路の近くまで走って行き、このままでは事故の恐れがあると判断した。 犬が走り回った駐車場に到着した空港在中の野生鳥獣管理チームが空港の規則のマニュアルに従い犬を射殺した。

飛行機の貨物へ生きた動物を乗せる場合、係員がケージの鍵がしっかり掛けられているかを確認するのが当たり前の事。 犬が駐車場を走り回った理由は、もともと空港係員のミス。 なぜ、空港係員のミスで犬が射殺されなければいけないのか?と空港側の対応に批判が殺到している。 

ネット上でこの問題を批判する声が高まっている。 コメントの内容には、「麻薬銃をなぜ使わなかったんだ?」 、「飼い主にとって一生トラウマで引きずる」、「猛獣でもないペットが射殺した事にドン引き」、「捕まえるのが面倒だったんじゃないの? 韓国人なら十分ありえる」などのコメントが寄せられた。

射殺された犬

一部愛犬家たちはこのニュースを聞いて、「飼い主の協力を求めれば十分に捕まえれたはずだ。空港係員は無能過ぎる。」と意見を述べている。

また別のソーシャルネットワークのユーザーの避難する意見のうちでは、「動物の命を何とも思わない韓国、うんざざり」 「そもそもペットの命を貨物室に預けるなんて法律からしておかしい」などの声が上がっています。

https://petrescuereport.com







ニューヨークで格安に泊まるならゲストハウスに泊まろう

ボストン&ナイアガラの滝、格安!2日間バスツアー

ニューヨークへの留学ならadd7を通すと手続き簡単

NY観光パス券ならお得にアトラクションを回ろう




韓国の空港で、ケージから飛び出した乗客の愛犬を射殺! 韓国の空港で、ケージから飛び出した乗客の愛犬を射殺! Reviewed by New York icon on 19:57 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.