アリババ会長とトランプ氏の会談で”100万人の雇用”なるか


中国電子商取引最大手、アリババ集団の馬雲(ジャック・マー)会長は9日、ニューヨークのトランプタワーでトランプ次期米大統領と会談した。馬氏は会談後「米中西部を中心に100万の中小企業を創出・支援する取り組みについて話し合った」と記者団に説明し、米国から中国や東南アジアへ農産物などの輸出を促す考えを示した。トランプ氏は「すばらしい会談だった」とコメントした。 

海外の大手IT(情報技術)企業経営者がトランプタワーでトランプ氏と個別に会うのは、ソフトバンクグループの孫正義氏以来とみられる。

馬氏はアリババのサービスを使って米中間の貿易を促進する考えをトランプ氏に訴えた。アリババは同日、米国で100万の事業創出によって100万人の雇用を生み出すと発表した。

馬氏は特に中西部の「農産物やワイン、フルーツ、衣料品を中心に中小事業を支援していく」と述べ、中国や東南アジアへの輸出につなげる考えを伝えた。アリババは中国以外の海外戦略を強化しており、馬氏は米国市場に興味を示していた。

 トランプ氏は中国に対し、輸入品に高関税を課すと主張するなど厳しい姿勢をとっている。馬氏は「米中関係がより強化され、友好的なものになるべきだと話した」と語った。

馬氏はトランプ氏について「賢く、開かれた考えを持っている」とし、「話し合うための門戸は開かれていると思う」と述べた。トランプ氏は会談後、馬氏について「質の高い男だ」と述べた。

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/









アリババ会長とトランプ氏の会談で”100万人の雇用”なるか アリババ会長とトランプ氏の会談で”100万人の雇用”なるか Reviewed by news15 on 12:03 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.