ザッカーバーグ、「100億円の土地購入」でハワイ住民を怒らせる


フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグは2014年、ハワイ・カウアイ島で広大な土地を購入した。不明だった土地の所有者を特定するために彼が起こした訴訟に対し、ハワイ住民が激怒している。

フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグとその妻プリシラ・チャンは2014年、ハワイにあるカウアイ島の土地700エーカー(約2.8平方キロメートル)を1億ドル(約115億円)で購入した。

ザッカーバーグ夫妻が購入した広大な土地には、いくつかの特別な小区画が含まれていた。

「クレアナ・ランド」と呼ばれるこうした区画は、ハワイ王朝が土地の個人所有を認めた1850年の「クレアナ法」の一環として再分配された土地に由来とする。世代が変わるなかで、土地の所有権は文書化もされずに多くの子孫たちに分割されることになった。

ザッカーバーグ夫妻を代理する会社は2016年12月、購入した土地に含まれる14の区画に関して、土地所有権保全訴訟を起こした。


ザッカーバーグ夫妻

これらの区画の所有権をもつとみられる数百人に向けて行われたこの訴訟は、裁判所で行われる競売で最高入札者(つまりザッカーバーグ夫妻)に土地を売らせることが目的と考えられている。

地元の人の声は、世界で6番目に金持ち(446億ドル(約5.1兆円)の資産をもつ)であるザッカーバーグ夫妻を「新植民地主義者」と批判する者もいる。

これに対し、ザッカーバーグ夫妻は「コミュニティのよき一員になり、自然環境を守る」ことだと語っている。

詳しくは下のリンクをクリックしてお読みください。
http://news.livedoor.com


ニューヨークで格安に泊まるならゲストハウスに泊まろう

ボストン&ナイアガラの滝、格安!2日間バスツアー




   





ザッカーバーグ、「100億円の土地購入」でハワイ住民を怒らせる ザッカーバーグ、「100億円の土地購入」でハワイ住民を怒らせる Reviewed by New York icon on 22:27 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.