イスラム国の幹部、100人以上を死刑執行した男が殺された

死亡が確認されたアブ サヤフ

イスラム国(ISIS)の幹部の死刑執行官の1人が、100人以上の長年の儀式の剣で斬首されていたが、イラクでの捜査中に銃撃されたという報告書がある。

殺害されたアブ サヤフ(ニックネーム)はイスラム国の幹部であり、死刑執行人の1人で、これまでに100人以上の人間の首を切り落とし殺害していた。 

女性を殺害するアブ サヤフ

イスラム国のビデオでもアブ サヤフはたびたび登場する人物だった。 またアブ サヤフはイスラム国の死刑執行人の中でも最も恐れられ、その残虐性をビデオで撮って世界に配信し、イスラム国の怖さを見せていた。 

日曜日、アブ サヤフは車の中から複数の人間の銃弾によって死亡と報道するメディアとナイフで刺殺されたと書かれてメディアがある。 どちらが正しいのか?は分からないが死亡したのは本当の様だ。

アブ サヤフはが死んだ時、肥満の体に真っ黒な衣装を身にまとい、髪から足の先まで覆っていたと報道されている。


2017年1月30日




イスラム国の幹部、100人以上を死刑執行した男が殺された イスラム国の幹部、100人以上を死刑執行した男が殺された Reviewed by New York icon on 23:26 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.