欧州に寒波襲来、移民やホームレス含む23人死亡


【1月8日 AFP】寒波に襲われた欧州では今月5~6日の2日間で移民やホームレスの人々を含む少なくとも23人が死亡した。当局が7日、明らかにした。この週末いっぱいは厳しい寒さが続くため、欧州各国の当局では死者はさらに増えると予測している。

 欧州全体の死者23人のうちポーランドでは10人が死亡した。ポーランド政府安全保障センターの報道官は、「6日には1日の死者としてはこの冬で最多の7人が死亡した」「その前日には3人の死亡が記録されている」と述べ、「昨年11月1日以降、低体温症による死者は計53人となった」と付け加えた。ポーランドは7日の最低気温が氷点下14度を記録した。

 イタリアでも、寒波により48時間で7人が死亡したとされている。同国当局によると死者のうち5人はホームレスの人々で、そのうち2人がポーランド国籍だという。イタリア中部と南東部では大雪が観測されたため、7日朝バーリ、ブリンディシュの各市とシチリア島で空港が閉鎖された。

 チェコ緊急救助当局によると、この冬の最低気温が観測された同国首都プラハではホームレス2人と駐車場警備員1人の計3人の死亡が確認された。

 ロシアの首都モスクワでは夜間の気温が氷点下30度にまで下がり、氷点下24度まで気温が下がったサンクトペテルブルクでは警官が低体温症で死亡した男性1人の遺体を発見した。

 ブルガリアでは6日、同国南東部のトルコ国境付近の山林で、村人がイラク人移民2人の凍った遺体を発見した。

(c)AFP

欧州に寒波襲来、移民やホームレス含む23人死亡 欧州に寒波襲来、移民やホームレス含む23人死亡 Reviewed by Sakae Wade on 0:38 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.