カリフォルニアで日本人女性が銃で撃たれた死亡した事件 


1月13日午後1時ごろ、カリフォルニア州、サンディエゴのイーストカウンティ―にあるアパートの一室で銃声が聞こえたと通報を受けた警察官が現場へ急行。 

事件のあったのは1100 block of Jamacha Lane in Spring Valley

入り口のドア付近に男が倒れ、部屋の中に女性が倒れており、その側で男性が倒れていた。 部屋で倒れていた男女は銃で撃たれて既に息を引き取っていました。

入り口で倒れていた男、テレンス・アンドラダ(55)は自分の銃で胸を撃って重体。 その後、病院へ搬送されたが直後に死亡が確認されました。 病院で亡くなったはアンドラダは事件のあったアパートの部屋の家主だった。 

アンドラダは部屋に居た2人を銃で撃ったあとに自分で自分の胸に向けて発砲したとみられ、自殺したと考えられる。  

アンドラダに銃で撃たれ亡くなった被害者は、日本人女性の34歳で、トモミ・タカハシ・デメトルックさん(Demetruk)とタカハシさんの部屋に訪ねていた男性、ジャモール・リチャードソン(23)さん。

タカハシさんは、賃貸契約でアンドラダから部屋を借りていたという事実までは捜査で分かっているがアンドラダ容疑者がなぜ殺害したかはまだ分かっていない。 

2017年1月23日










カリフォルニアで日本人女性が銃で撃たれた死亡した事件  カリフォルニアで日本人女性が銃で撃たれた死亡した事件  Reviewed by New York icon on 11:50 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.