ジャンパーに生活保護「なめんな」、市職員訪問 神奈川


生活保護受給者の自立支援を担当する神奈川県小田原市の複数の職員が、「保護なめんな」「不正を罰する」などと、受給者を威圧するような文言をプリントしたジャンパーを着て各世帯を訪問していたことがわかった。  

職員が自費で作ったとみられ、市は16日、不適切だとして使用を中止させた。専門家は「生活困窮者を支えようという感覚が欠如している」と批判している。  

市によると、ジャンパーを着ていたのは、生活保護受給世帯を訪問して相談に応じるなどする市生活支援課のケースワーカー。在籍する25人の大半が同じジャンパーを持っていた。  

ジャンパーの背面には「我々は正義だ」「不当な利益を得るために我々をだまそうとするならば、あえて言おう。クズである」などの文章が英語で書かれている。

読売新聞


◆日本での現金両替よりも【オトクなレート】(当社現金両替比)で両替ができます。
◆海外なのに、いつでも現地通貨が引き出せて、両替の手間や時間も省けます。
◆加盟店ではデビットカードとして、そのまま利用もできます。

NYの滞在先、日本語で対応のゲストハウスなら安心の旅
ニューヨークのホテルは高いから長期滞在が出来ない、そんな方に出来るだけ
安く泊まれるゲストハウスをご紹介しています。



ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO

K'z ゲストルーム






ジャンパーに生活保護「なめんな」、市職員訪問 神奈川 ジャンパーに生活保護「なめんな」、市職員訪問 神奈川 Reviewed by New York icon on 9:46 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.