【釜山・慰安婦像設置】自民・二階俊博幹事長の意見


日本政府は昨年8月、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」で一致した日韓合意に基づき、元慰安婦の女性らを支援するため韓国で発足した「和解・癒やし財団」に10億円を拠出した。

これを踏まえ、二階氏は番組で「嫌なら受け取らなければいい。受け取るものを受け取った後に、こういうことではおかしい。これからの長い日韓の歴史においても、お互いにおもしろくない」と語った。



自民党の二階俊博幹事長は7日のテレビ朝日のインターネット番組で、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置されたことへの日本政府の対抗措置について

「時々、こんなことでエキセントリックになるのが韓国の特徴だが、もっと円満な外交が展開されなければならない」

と述べ、事態を招いた韓国側の姿勢を批判した。

2017年1月7日


NYの滞在先、日本語で対応のゲストハウスなら安心の旅




ニューヨーク、ゲストハウス TOMARO

K'z ゲストルーム






【釜山・慰安婦像設置】自民・二階俊博幹事長の意見 【釜山・慰安婦像設置】自民・二階俊博幹事長の意見 Reviewed by New York icon on 18:34 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.