トランプ氏の大統領令、米国入国後に空港での拘束や搭乗拒否


ケネディー空港に集まる反トランプの施行令グループ

【1月29日 AFP】ドナルド・トランプ大統領がイスラム圏7か国の市民の入国を一時禁止する大統領令を出した影響で28日、米国への航空機搭乗を阻まれたり、米国に到着した人が空港で拘束されたりする事例が発生した。

ニューヨークケネディー空港に到着したイラン、イラク、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンの7か国からの既に自国でビザを申請してアメリカに入国したのですが拘束されている。

 トランプ大統領は27日、イラン、イラク、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンの7か国からの難民と旅行者の米国への入国を一時禁止する大統領令に署名し、世界各国から非難を浴びている。

イランのハッサン・ロウハニ大統領は28日、米国への入国制限について直接は言及しなかったものの「今は国と国の間に壁をつくる時ではない」とトランプ大統領を批判した。

 イラン外務省は、米国への入国制限が解除されるまで「イラン国民に対する米国の侮辱的措置に対抗して同様の措置を取る」と述べ、トランプ氏の決定は「不法、不合理で国際法に反している」と付け加えた。

米国には現在100万人以上のイラン人が居住している。

イランの旅行会社2社は、エティハド航空、エミレーツ航空、トルコ航空から米国行き航空券の販売中止や、米国のビザを所持するイラン人を米国行きの便に搭乗させないことを要請されたと明らかにした。


 米カリフォルニア州に留学中で一時帰国していた匿名のイラン人女性はAFPに対し、2月4日にトルコ航空の便で米国に戻る予定だったが航空券がキャンセルされたと語った。

スーダン外務省は、米国によるスーダン国民の入国禁止措置に遺憾の意を表明した。

トランプ大統領側の意向は、何事もアメリカが優先、それはアメリカ国民を守るため。 まずは違法移民の犯罪者を追放、違法移民を追放、過去の例からテロリストの可能性のある国からの者を入国させない。  

文章にするとすらすら書けるが、1週間でアメリカ大陸は大きく動き、揺さぶられている。 多くの人がこんなに早くトランプ氏がサインし、施行するとは思っていなかったのだろう。 



2017年1月28日

http://www.afpbb.com






ニューヨークで格安に泊まるならゲストハウスに泊まろう

ボストン&ナイアガラの滝、格安!2日間バスツアー


NY観光パス券ならお得にアトラクションを回ろう









トランプ氏の大統領令、米国入国後に空港での拘束や搭乗拒否 トランプ氏の大統領令、米国入国後に空港での拘束や搭乗拒否 Reviewed by New York icon on 21:37 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.