署名運動、耳を切り落とされた犬、男達は法で裁かれるべき


1月、両耳を切り落とされた犬の側に男2人が立ち、その男たちの手には自分達で切り落としたとみられる犬の耳を持った写真。 男らは何の罪も科せられない事が正当な世の中になってはいけないと思います。 

私は男らを法で裁く事を望んで多くの人へ署名を求めています。 署名の数は1.000.000必要です。

ソーシャルメディアに投稿された情報によると(地元の新聞で確認された)、2人の男は、左がHasan Kuzuで、右がNeset Yamanと言う名前まではわかっている。 この写真が実際の物である事、そして実像だという事を新聞社が報じています。


ソーシャルメディアへ投稿されたのは写真と動画で、男らは友人に耳を切り取る場面を記録させたのです。

犬は一切麻酔など使われず、鋭いナイフで耳を切り落とし、犬は絶望的に泣き叫んで慈悲を求めているが、残酷な行為は止むことなく続けられました。 

左がHasan Kuzuで、右がNeset Yaman

彼らは記念に写真を撮るかの様にそれぞれが犬の耳の部分を手にして、一見彼らが英雄でもなったかの様な態度で写っています。 血だらけの犬の写真もオンラインで掲載されています。

※投稿されていた動画は現在、削除されています。

このページを読んだ方で署名をしたい、署名をしようと思う方は下のリンクをクリックして署名して下さい。

クリックすると署名運動ページが別窓で開きます。

上のリンクを開くと署名ページが開き、そこで、フェイスブック、ツイッターのアカウントをお持ちの方はボタンをクリックしてシェアーをして下さい。






署名運動、耳を切り落とされた犬、男達は法で裁かれるべき 署名運動、耳を切り落とされた犬、男達は法で裁かれるべき Reviewed by New York icon on 18:39 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.