米・メキシコ大統領が電話会談、国境の壁問題「発言自粛」で一致



米国のトランプ大統領は本日1月27日、米国とメキシコ国境に壁を建設する計画で対立しているメキシコのエンリケ・ペニャニエト大統領と電話会談を行いました。

国境に壁を建設する費用はメキシコに負担させるとしたトランプ大統領の計画は、メキシコで反発を広げており、経済学者の間に困惑の声を生んでいる一方で、トランプ氏支持派の米国粋主義者らを勢いづけている。

費用負担をめぐり米国と対立するペニャニエト大統領は、来週に米首都ワシントンで予定されていたトランプ氏との首脳会談を中止しました。 両国関係はここ数十年間で最大の危機を迎えているという。

AFP によるとメキシコ大統領府の声明によると、27日の電話会談は1時間に及び、両国関係に関する「建設的で生産的」な協議となりました。 

両大統領は、「両国関係のあらゆる側面についての包括的な協議の一環として」壁建設費の負担をめぐる意見の不一致の解消に向けて努力することで一致。 「物議を醸しているこの問題に関しこれ以上の公的発言を控えることでも合意した」という。

メキシコの法律では、違法移民は重罪であり、最高2年の刑に処せられる。 国外追放された場合で、再入国しようとする者に対しては、厳しく10年間投獄される。 ビザの違反者は最高6年の懲役刑を言い渡され、違法移民を援助するメキシコ人は犯罪者とみなされる。

メキシコの移民に対して法律がこんなに厳しいとは知らなかった。  

2017年1月27日


ニューヨークのルームシェアー専門の会社、K'z


ニューヨークで賃貸アパート契約なら日系不動産のJ.One

語学とアートを楽しみながら学べる!素敵なNY留学生活

NYの日本語で対応のゲストハウスなら安心の旅

ニューヨーク味めぐり:NYは物価高でもB級もあり


海外出張・海外旅行・留学に【キャッシュパスポート】             
◆日本での現金両替よりも【オトクなレート】(当社現金両替比)で両替ができます。
◆海外なのに、いつでも現地通貨が引き出せて、両替の手間や時間も省けます。
◆加盟店ではデビットカードとして、そのまま利用もできます。

NYの滞在先、日本語で対応のゲストハウスなら安心の旅ニューヨークのホテルは高いから長期滞在が出来ない、そんな方に出来るだけ
安く泊まれるゲストハウスをご紹介しています。






米・メキシコ大統領が電話会談、国境の壁問題「発言自粛」で一致 米・メキシコ大統領が電話会談、国境の壁問題「発言自粛」で一致 Reviewed by New York icon on 16:15 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.