米CA州 授業中にトイレ拒否でバケツに排尿させられ訴訟、元女子生徒勝訴 


排尿をバケツにと指示した教師、Gonja Wolfさん

カリフォルニア州、サンディエゴにあるパトリック・ヘンリースクールに2012年当時、女子生徒が授業中にトイレに行く事を許さなかった教師と学校側を相手に損害賠償を求め裁判が今月25日に行われました。 

2012年当時、14歳の女子学生が、パトリック・ヘンリースクールで美術の授業中にトイレに行きたくなったので教師(Gonja Wolf)に尋ねた所、学校の厳格規則あるゆえ、女子生徒がトイレへ行く事を許可しなかった。 

PR: ニューヨークへの留学ならadd7を通すと手続き簡単

教師(Gonja Wolf)は女子生徒にトイレに行く事を許さないが、教室の後ろにある用具入れの中のバケツに排尿して、流し台に流しなさいと指示。 

女子生徒は裁判で、教師の指示通りに排尿をバケツの中で余儀なくさせられ、その後は友達たちにからかわれるメールが届き苦痛の日々を送りました。 

また、下品な言葉で女子生徒に対して攻撃する他の生徒たちの言葉などで、当時(14歳)は自殺まで考えた。と元女子高校生は語った。 

当時、女子生徒に尿をバケツでさせたという教師(Gonja Wolf)は休暇扱いだがあれ以来は学校に出勤はしていない。

弁護側は、原告の元女子生徒はあの日の事が原因で心理療法をいまだに受けています。 われわれの要求していた賠償金は当初、2万5千ドルを請求していました。 われわれは判決の結果は納得していると伝えました。

1月25日、学校を管轄する行政当局に損害賠償を求めていた裁判で、サンディエゴの裁判所で、賠償金125万ドル(約1億4000万円)の支払いを命じる評決を下した。 

2017年1月28日







ニューヨークで格安に泊まるならゲストハウスに泊まろう

ボストン&ナイアガラの滝、格安!2日間バスツアー








米CA州 授業中にトイレ拒否でバケツに排尿させられ訴訟、元女子生徒勝訴  米CA州 授業中にトイレ拒否でバケツに排尿させられ訴訟、元女子生徒勝訴  Reviewed by New York icon on 13:19 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.