米ワシントンDC、中絶反対集会で米副大統領がスピーチ



米首都ワシントンで27日、人工妊娠中絶に反対する人々による集会行進(マーチ)が行われ、マイク・ペンス副大統領も出席しました。 副大統領がこの集会に参加したのは過去になく初めてだった。

また、トランプ大統領はこの行進ついて「とても重要だ。行進に参加した全ての人々へ…あなたがたを私は全面的に支援する」とツイートした。

トランプ大統領は就任直後の1月23日に、人工妊娠中絶を支援している外国の非政府組織(NGO)への政府からの補助金交付を禁止する大統領令に署名している。

国立公園ナショナル・モールに集まった数千人の人々を前にて、ペンス副大統領は演説し、「アメリカでは命(を大切にする中絶反対派)が勝利しつつある。今日はその前進を祝う日だ」と語りました。

AFP によると中絶反対派が圧倒的に多数を占める共和党の議員が上下両院で多数派を占めていることにも触れた。 さらに「われわれは人の命にとって歴史的な瞬間にたどり着いた。すべての米国人への敬意と思いやりをもってこの瞬間に立ち会わねばならない」と述べた。

2017年1月28日

PR:








ニューヨークで格安に泊まるならゲストハウスに泊まろう

ボストン&ナイアガラの滝、格安!2日間バスツアー



NY観光パス券ならお得にアトラクションを回ろう







米ワシントンDC、中絶反対集会で米副大統領がスピーチ 米ワシントンDC、中絶反対集会で米副大統領がスピーチ Reviewed by New York icon on 12:24 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.