Googleがフェイク・ニュースを垂れ流すサイト200個を追放 



Gigazine.netによると2016年11月8日のアメリカ大統領選以降にインターネット上に広まるフェイスニュース(偽ニュース)の存在が問題視されてきました。

そんな中、偽ニュースを取り締まるための仕組み作りを行っているGoogleが「2017年1月25日までに、偽ニュースを垂れ流す200近くのサイトを追放した」と発表。 

ニュースが出回ることは昔からあったことで、問題の核心ではないという指摘もありますが、Facebookは2017年1月11日にニュースフィード状の偽情報排除の取り組み強化を発表しており、Googleも2016年11月には、今後は偽ニュースを掲載するサイトがGoogleのオンライン広告を使えなくする仕組みにすると発表していました。

Gigazine.net 続きを読みたい方はこちらを開いて読んでみて下さい







ニューヨークで格安に泊まるならゲストハウスに泊まろう

ボストン&ナイアガラの滝、格安!2日間バスツアー



NY観光パス券ならお得にアトラクションを回ろう






Googleがフェイク・ニュースを垂れ流すサイト200個を追放  Googleがフェイク・ニュースを垂れ流すサイト200個を追放  Reviewed by New York icon on 18:11 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.