歌手マライア・キャリー、大晦日ステージ音響トラブルで歌えず



大みそかの夜に行われた恒例のタイムズスクエアーでのカウントダウンイベントで大物ゲストとしてステージに登場した歌手マライア・キャリーさんでしたが音響トラブルのためステージでマイクを持ったままステージが終わってしまったのでした。

大晦日の11時39分、司会のライアン・シークレストさんがマライア・キャリーを紹介し、スポットがマライア・キャリーへ。 ステージを待っていた観客らの歓声が沸き、マライア・キャリーは1曲目の「蛍の光」=Auld Lang Syneを熱唱。

続いて持ち歌で大ヒット曲のエモーションの伴奏が始まったが音響ミスで、マライア・キャリーは「明けましておめでとう!聞こえないわ」と言い、ステージ上でイライラしながら行き来する様子。 

マライア・キャリーの耳につけていた耳用のモニターから全く音が聞こえておらず、歌えなかったという事なのだ。 Carey's in-ear monitors weren't working. 

バックで踊る男性ダンサー達はマライア・キャリーの様子を見ながらも普通通りに演奏に合わせて踊り続けた。 伴奏トラックに録音された声だけが聞こえ、マライア・キャリーは「観客の皆さんに歌ってもらうわね。」と言って、その場を切り抜けた。 

新年のカウントダウンを待ち、マライア・キャリーのステージを待っていた観客らは大盛り上がり。

その後、悲惨なこの夜のステージを見ていた多くの人がツイッターで今夜のライブをからかうツイッターで盛り上がった。 マライア・キャリーはツイッターで、しかめ面の絵文字と「ついてない事もあるわね=仕方ない」と投稿。

★あくまで私の個人的な人を見るという事で言うと、、、マライア・キャリーさんは良い人、このレベルのセレブの方の中でも性格が良い人に見える。 音楽の世界だけで生きてきた歌姫。 マイケルジャクソンさんと同じ様に見える、純粋さ。

マライア・キャリーさんの現在のボーイフレンドでマライア・キャリーさんのバックで踊るダンサーのブライアン・タナカ(Bryan Tanaka)さん。 大晦日のステージでも一緒に踊っていた。 

少し前までマライア・キャリーさんと言えば大富豪のジェームス・パーカー氏と破局。 

2017年1月2日

日本語が通じて安心のニューヨークのゲストハウスリスト





ニューヨークで賃貸物件なら日本語で安心のJ.One不動産

マンハッタンの中心で英語を学ぼう!語学学校・ブルーデータ

ハーレム、アポロシアター徒歩2分、人気のゲストハウス

日本出発前にルームシェアーの予約が出来るK'z guest room







歌手マライア・キャリー、大晦日ステージ音響トラブルで歌えず 歌手マライア・キャリー、大晦日ステージ音響トラブルで歌えず Reviewed by New York icon on 11:37 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.