NY 盲目の男性が盲導犬とピザ店で断られ、男性勝訴


2014年12月29日、盲目の男性、トーマス ギブソンさん(58)が盲導犬と一緒にピザを食べに入ったお店で男性は犬を連れての飲食は出来ませんと男性を断った。

あの日、男性は表現出来ないほどに傷ついたと言います。 男性は弁護士に相談し、断った店を訴える事を決めました。 

男性は私と同じ立場で盲導犬を連れて都会で暮らす人を私と同じ悲しい思いをさせたくない。と語っています。

問題になったピザ店は39丁目の”NYC Fried Chicken”。 ギブソンさんは同店で自分用にピザを注文し、盲導犬にはチキンを注文しようとしたが、店側は犬との店内での飲食を断った。 

ギブソンさんが連れている犬は盲導犬、ペットではない。それを店側は認めなかった。 

先週、裁判で男性が勝訴の判決を受け、裁判官は店側に1万ドルの損害賠償の支払いを命じました。


NYの日本語で対応のゲストハウスなら安心の旅

ニューヨークのルームシェアー専門の会社、K'z


ニューヨークで賃貸アパート契約なら日系不動産のJ.One

語学とアートを楽しみながら学べる!素敵なNY留学生活

ニューヨーク味めぐり:NYは物価高でもB級もあり





NY 盲目の男性が盲導犬とピザ店で断られ、男性勝訴 NY 盲目の男性が盲導犬とピザ店で断られ、男性勝訴 Reviewed by New York icon on 22:46 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.