倉庫を部屋代わりに住んで、強制撤去、部屋代は200ドルで格安 (ビデオ)


ニュース・ソーシャルのRedditで話題になった男性の話。上の写真の男性が話題の主。

話題の彼は2か月もの間、U-Haulのレンタル倉庫の一室で密に生活をしていたのです。 

アメリカの倉庫は値段によって広さが異なり、広い部屋を借りれば住めない事もない。 ちなみに以前私が借りたマンハッタン・ストレージの倉庫は、最上階で1番安い倉庫で、セールで1か月間のレンタル費が39ドルでした。 (人が入れる十分な広さ)    

原則で、倉庫は住居として認められていないので絶対真似はしてはいけない。 (笑)


レンタル倉庫の各ドア、この中の一室が彼の住み家だった。

話題になっている男性は、もともと借りていたアパートを長距離のハイキング(パシフィック・クレスト・トレイル)へ出発するので、空家賃を払うのはもったいないと思い、アパートを引き払いました。 彼は必要な家具類は倉庫へと運んだのでした。 

ハイキングから戻って来た彼は新しい住居をみつけようとしましたが、なかなか手頃な家賃のアパートが見つからず、部屋を探している間、必要な荷物を倉庫に取りに出掛けていました。

彼は倉庫生活の動画を撮影した所、1日のビューは410,000までになり、人気の動画となっていました。 動画のタイトルはLiving out of a storage locker for 2 months, in style! (下に動画あり)

倉庫内を住み家にしていた男性のベッドや家具類  http://www.dailymail.co.uk/

そこでふっと思いついたのが、この倉庫で住んでみようと思い始め、倉庫に入れてあった必要な家具ですぐに生活が始めました。 (笑) 

男性が倉庫を追い出される前にRedditでのインタビューの内容があり、男性は、まず倉庫の中に棚を作り、そこに全てを収めることが出来たそうです。 

借りた倉庫は大きなサイズなので価格は高くなりましたが、棚が出来上がった後にまだ十分なスペースがあるなと思い、ベッドやテレビを置いたら部屋らしくなったそうです。 

レンタル倉庫は1か月保険料込みで205ドル。 The cost: $205 a month, which included insurance. アパートの部屋を借りていたら1000ドルは最低掛かかっていた。と男性はその差額を強調しつつ、車での寝泊りよりもっと快適でしたと彼は語っている。

電子レンジもあり、快適生活?

ただ1つ問題だったのは、物音をたててはいけない、みつかってはいけないんです。 まるでそれは幽霊の様に生活する事。 「幽霊のように生きること」。 

倉庫内にはレーダーで監視されている、ましてや深夜に動く者があればレーダーがキャッチし、警察へ自動通報になり兼ねないですから。と語っている。

電源は壁に沿って延長コードを引いて自分の部屋(倉庫)に電力を供給していました。 そしてドアにアンテナを取り付けて、携帯電話の受信を得ることが出来たそうだ。 

冷蔵庫も置いてありました。



キッチンには簡易的なキッチンカウンターや電動のコンロなど。 水道はないとしても立派に生活の場を作っていた。

彼が出かけたハイキング(パシフィック・クレスト・トレイル)とは?

メキシコとアメリカの国境からカナダとアメリカの国境までのハイキングコースの事。 

From the Mexico-California border to the Washington-Canada border.



さて快適な倉庫生活もそう長くは続きませんでした。。。。 動画が人気を呼びYoutuberになった彼は動画での収入を獲得。 

そんな彼の人気の動画が住んでいたと言われる倉庫の従業員の男性が見て、従業員は最初見た時は驚いて目を疑ったそうです。 そして、考えられない光景だ、信じられないと語っていた。 

倉庫は住居の許可を得ていないため、住むなんて違法で法律に違反した彼を倉庫側はすぐに強制退去をさせた。 罰金などは報告されていないが起訴される可能性はあるだろう。

2017年1月28日


ニューヨークのルームシェアー専門の会社、K'z


ニューヨークで賃貸アパート契約なら日系不動産のJ.One

語学とアートを楽しみながら学べる!素敵なNY留学生活

NYの日本語で対応のゲストハウスなら安心の旅

ニューヨーク味めぐり:NYは物価高でもB級もあり

 



      





倉庫を部屋代わりに住んで、強制撤去、部屋代は200ドルで格安 (ビデオ) 倉庫を部屋代わりに住んで、強制撤去、部屋代は200ドルで格安 (ビデオ) Reviewed by New York icon on 16:20 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.