「自画撮り」被害に悩む中高生、警視庁が動くらしい



(BuzzFeed News)の記事で「自画撮り」と言う言葉を始めて知ったのですが、記事の中の説明では、警察庁によると、「だまされたり、脅されたりして児童が自分の裸体を撮影させ、その上で、メールなどで送らされること」を「自画撮り被害」というそうです。

2015年の児童ポルノの被害者は905人、その中で「自画撮り」の被害者は376人となっているそうです。画像や動画が1度インターネット上に流されるとどこまで流れたかを把握する事が困難。 「自画撮り」というよりも「強制撮り」。

「自画撮り」被害に悩む日本の中高生、これを問題視した東京都は、全国で初めて本格的な対策に動こうとしている。と書いてあるが具体的にどう動くのが書かれていない。

記事の最後の締めくくりが面白い。

なぜ、警察庁は「自画撮り」という言葉を使っているのか。 BuzzFeed Newsに対し、広報担当者はこう話した。 「警察庁が決めた言葉です。しかし、このように称することについて、理由はありません」

2017年2月10日





「自画撮り」被害に悩む中高生、警視庁が動くらしい 「自画撮り」被害に悩む中高生、警視庁が動くらしい Reviewed by New York icon on 9:46 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.