里親に引き取られ、里親を大好きで側から離れないピットブル犬


シェルターでのラス

フィラデルフィアのアニマルシェルターで犬の散歩をするボランティアをしているカイラさんが初めてピットブルのラスを見た時、カイラさんはラスと特別な関係があると感じたそうです。she knew there was a special connection between them.  

カイラさんは「ラスは迷子犬でシェルターに来たです、その時のラスは殴られた傷を負っていて痛々しかった。 "ラスの尾と耳には毛がなかったし、ひどく痩せていました」とカイラさんは取材担当者に語っている。 取材は英記事:boredpanda.com


ピットブルのラス君

カイラさんは次のように付け加えました「ラスはシェルターの中で座っていて、私を見つめていたんです。そして私はすぐに行動に移して、ラスを養子縁組する事を決めたんです。

ただ、私がボランティアをしているペットシェルターには15匹の犬がいました。 どの犬も1日でも早くここから出たいはず、特に衰弱した犬はなかなかそれが難しいんです。


ラスは私が学校の宿題をしていると横に来て一緒に宿題をするかの様に座っています。

カイラさんはラスの里親になろうと決め、すぐに養子縁組の書類を揃えて提出し、ラスを引き取りました。 ラスはカイラさんが昔から一緒にいる飼い主の様にすぐにカイラさんと仲良くなり、ラスはカイラさんにひっついて離れないそうです。


ラス君はカイラさんから離れようとしないそうです。




ラスはいま、私と共に新しい生活が始まり、ラスは幸せでいて欲しい、そしてそれ以上に私はラスから愛されている事を感じて幸せです

ラスと私の写真を友達が撮ってくれてソーシャルメディアに載せたら多くの人が見てくれています。 

詳細情報:Facebook(h / t:theododo)

 


里親に引き取られ、里親を大好きで側から離れないピットブル犬 里親に引き取られ、里親を大好きで側から離れないピットブル犬 Reviewed by New York icon on 12:38 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.