寝ている間に女性の鼻から侵入したゴキブリ (インド)


医院側が撮影した動画

1月31日、インドに住む女性(42)が寝ている時に目の奥に何かムズムズした痛みを感じたため、耳鼻咽喉科へ行き鼻の洗浄をしてもらってその日は帰宅。女性は最初、風邪を引いた位に考えていたそうです。

だが帰宅後も違和感が取れず、次は別の病院で診察をしてもらい、鼻に詰まったと思われるものを吸出してみたが成果は出ず、女性はその後も違和感が残ったので3度目の正直で別の病院で診察を受けました。

3度目の病院の医師、Dr. M.N. Shankar はスキャンをした方が良いと判断。 女性にスキャンをする事を薦めたそうです。

2月1日、医師が目にしたものは女性の鼻の奥約5センチ位の場所に手足のついた動く虫が見え、よく観察するとそれは生きたゴキブリだったのでした。 ええええ?と驚くのは当たり前、女性が寝ている間にゴキブリが鼻の穴から入りこみ、頭蓋低の近くまで入っていたのでした。 

“It was alive. And it didn’t seem to want to come out,” the Times quoted Dr. M.N. Shankar as saying.

ゴキブリは女性の体内に約12時間ほどだったそうですが医師は女性の鼻から吸引装置でゴキブリを吸い上げたそうです。

ゴキブリは元気だったそうだ。 処置に掛かった時間は約45分、女性は元気に回復したそうです。




頭蓋底とは、顔面・頭部の最深部位であり、頭蓋骨の中心部で脳を下から支えている部分で、神経や血管が複雑に密集しているだけでなく、生命の根幹を維持する脳の働きにもかかわります。 脳を傷つけずに頭蓋底に到達するには大変高度な技術が求められるため、頭蓋底外科を専門とする医師は極めて少ないのが現状です。

1か月以上のニューヨーク滞在ならシェアー専門会社のK'zへ





寝ている間に女性の鼻から侵入したゴキブリ (インド) 寝ている間に女性の鼻から侵入したゴキブリ (インド) Reviewed by New York icon on 10:43 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.