NY ラットの尿から細菌性の感染症、1人死亡


ニューヨーク市保健衛生局によるとブロンクスでラットの尿が原因とされる、細菌性感染症により、1人が死亡し2人が体調を崩していると発表しました。

Pix11 News によると保健衛生局が発表した声明では、動物の尿によって広がる細菌性疾患、レプトスピラ症例がブロンクスのコンコース地区で確認され、当局は原因の動物とはラット(大ネズミ=ドブネズミ)であると付け加えた。

2人の患者が2016年12月に診断され、1人が2月に診断された。 2人の患者はかなり回復しているというが、3人中の1人は死亡した。

関係者によると、死亡した人は建物に住んでいないが、近隣の小規模な店舗で働いていたという。ニューヨーク市当局は、ブロンクスの1ブロック内で、3名の患者が出た事を明らかにしました。


病原性レプトスピラ(Leptospira interrogans )の電子顕微鏡像

ニューヨーク市では感染者が出る事はきわめてまれで、感染が拡大する事はほとんどありません。 2006年以来、ニューヨーク市には26件の感染症の報告を受けている。

この感染症は、抗生物質での治療可能で、ニューヨーク市には毎年1〜3例のレプトスピラ症が報告されている。

レプトスピラ症の症状は、湿疹、発熱、倦怠感、頭痛などが起こるため、感冒として診断されやすく、症状が改善せぬ場合は、血液検査で肝障害と腎障害などがみられる。

2017年2月15日



留学は日本人アドバイザーのいる学校を選ぶと安心

ニューヨーク観光パス券ならお得に観光できる!

NYでアパートを借りるには日系不動産がお薦め
  

日本で宅配古着ならヤマトク!不要な古着回収致します。

手軽な郵送でOK 海外口座開設、世界中で利用できるビザ・デビット 


http://www.hotel.add7.net/search/label/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%8C%E9%80%9A%E3%81%98%E3%82%8B%E3%82%B2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9  

http://www.school.add7.net/2015/11/bluedata-international.html



NY ラットの尿から細菌性の感染症、1人死亡 NY ラットの尿から細菌性の感染症、1人死亡 Reviewed by New York icon on 16:48 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.