NY ジョギング殺人事件、シャネル・ルイス被告の証言



クイーンズで昨年8月2日にハーワードビーチの公園・スプリング・クリーク・パークでジョギング中のカリナさん(30)を殺害した罪で逮捕された20歳の見た目は気の弱そうな男の聴衆が月曜日に始まった。


逮捕された日のルイス被告 

シャネル・ルイス被告が月曜日に裁判所で初めて殺害した日の話を公の場で話しました。

ルイスは事件の起きた8月2日、自宅で何かに対して怒っていた。という。ルイスは家を出て、クイーンズのスプリング・クリーク公園へと出かけた。 ※ルイスの住む家はブルックリンだが事件現場はクイーンズで位置的に近い。

被害者のカリナさん

ルイス曰く、スプリング・クリーク・パークで被害者を見た瞬間に自分でコントロールが効かない状態となり被害者の首を絞め、被害者の体を殴り続けました。でも僕は強姦はしていません。 

警察はルイスの自宅の部屋を家宅捜査し、証拠品となりそうな洋服などを押収している。事件の日に着ていた洋服らしきものも含まれている。

ルイスの父親はルイスの事を「ルイスはとても良い子なんです、犯罪を犯す様な子供ではないんです」と訴えている。 

2017年2月8日(水)

独り言:被害者の女性が一生懸命に抵抗し、死ぬ瞬間まで容疑者と戦った姿が思い起こせる遺体の損傷。 もっともっといろいろな事を経験して長く生きれたはずの女性が人の手によって一瞬で命を奪われました。

そして今回の逮捕、DNAが一致したというので犯人はルイス被告なんだろうけど。 逮捕時のルイス被告は自分がした事や自分がどう置かれているのかも理解していない表情が気になる。 冤罪でない事を願います。 






ニューヨークで賃貸物件なら日本語で安心のJ.One不動産

マンハッタンの中心で英語を学ぼう!語学学校・ブルーデータ

ハーレム、アポロシアター徒歩2分、人気のゲストハウス

日本出発前にルームシェアーの予約が出来るK'z guest room






NY ジョギング殺人事件、シャネル・ルイス被告の証言 NY ジョギング殺人事件、シャネル・ルイス被告の証言 Reviewed by New York icon on 19:13 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.